お料理は下処理でほぼ決まります!慣れない食材は要注意!

【ごぼうの柳川風】

料理があまりできない状態で結婚したのですが、料理本に忠実に作ることはできたので何とかなっていました。

その日にチャレンジしたのは料理雑誌に載っていた、『ごぼうの柳川風』という、ごぼうを卵とじにしたような料理でした。

茶色のごぼうに黄色のたまご、緑の浅葱を散らしたらおいしそうです。

今でこそごぼうは下処理が大変でアクがあるし硬いので煮るのに時間がかかるとわかっていますが、料理を始めた当初は完全に料理本のレシピ頼りで、どんなに遅く帰ってきてもレシピの通りにつくるので夕食が何時になるかわかりませんでした。

その日も「ささがきにして卵でとじればいいんでしょ」ぐらいのノリでした。

土鍋でごぼうを煮るのですが、いつ、どのぐらいで煮えたと判断するのか全く分かりません。なんとなく、ふんわり卵とじにすれば形にはなっているのですが、味のしみこんでないかたいごぼうなんて地獄です。

レシピ通りやったものの、ごぼうにあまり火が通っていなく、味もしみ込んでいるわけもなく、ただの醤油味の汁に浮かぶごぼう。

最近のマイブームは冷凍弁当 通販を見ることです!

そして卵。主人に「これがずっと続いたらどうしようかと思った」と言われた伝説の問題作です。二度と作っていません。

【ナン】

先日ナンを作って大失敗しました。

初めてココナッツカレー作りに挑戦し思いの外美味しく出来上がりました。

あとは雑穀ご飯を炊こうと思ったのですが、うっかりしていてお米も雑穀も切れていました。

そこで予定変更してナンを焼くことにしたのですが、粉をこねている間に異常ないくらい生地にねばりが出てきたのです。

尋常でないねばり、しかも生地が異常に伸びる。

慌てて粉を足そうとした時、やっちまいました。

粉をぶちまけたんです。辺り一面真っ白です。取りあえず床に広がっている粉を拾い集め何とか生地をまとめ上げました。

そしてオーブンで焼くと、出来上がったのはパリパリ煎餅。

失敗の原因として考えられるのは、まず生地の塩が多過ぎた。

塩は粘りを出すために入れるのですが、テキトーに計ったのがいけなかったようです。

あとはねばりにビビッて粉を足したのもよくなかった。トドメはオーブンで焼いたことです。

オーブンは中に熱(火)が入りやすいのでパリパリ感を増長してしまったようです。

後でよく調べると、フライパンやガスコンロの魚焼きグリルで焼いた方が、お店で出てくるナンのように美味しく焼けるとのことでした。教訓・粉物は正確に分量を計ること!