煮物は火加減と時間が重要ポイント!しみこみの違いがでます!

【かぼちゃ煮物】

もう20年以上前になりますが、同棲し始めの彼の胃袋を掴むべく、それまで料理なんてしたことなかった私がいきなりかぼちゃの煮物に挑戦!

まずはかぼちゃが固すぎて切れない!

包丁に力を入れ過ぎて、少し指を切ってしまっていきなり涙目です。

困って母に電話すると、「レンジで何分かチンすると切れやすいよ」と教えてくれました。

おぉー本当に柔らかくなって切れやすい!と思わず感動です。

さすが主婦歴何十年の知恵。

さらには、引っ越したばかりで、調味料もあまり揃ってなくて。

かぼちゃ煮物の味付けで、日本酒、砂糖、しょうゆ、みりんなどなど結構いろいろ入れるんだなってお恥ずかしながら初めて知りまして。

料理酒がなかったので、たまたまお土産でもらった「日本酒キャラメル」を入れてしまった私!

確か新潟とかの日本酒名産地からのお土産だったので、「お酒もお砂糖も入ってるんだから一石二鳥!」なんてルンルンでしたが、やけにベタベタした煮物が出来上がり、彼は無理して美味しいよって食べてくれましたが、自分で食べてもかなり違和感がありました。

それ以来、レシピにとても忠実に料理をするようになりました。

【胸肉のコーラ煮】

私は小さい頃から鶏肉が大好きなので、鶏肉を使った料理に一時期ハマってました。

焼鳥や唐揚げ、蒸し鶏のサラダやスモークチキンなど積極的に作っていました。

ある日、胸肉のコーラ煮というレシピを知ったので作ってみる事にしたのです。

コーラで作る鶏肉ってどんな味なのだろう…?と気になりました。

コーラの量や煮る時間をしっかり調整しながら作ったつもりだったのですが、仕上がりが残念でした。

コーラの味だけが染みた鶏肉でした。

みりんや醤油の味がしないのです。

炭酸のシュワシュワは無いので、甘いコーラグミやコーラ飴の味がするチキンステーキという感じです。

それはもう不味かったです。

それはもう、完食なんて出来るものではありませんでした。

今思うと、強火にする部分を中火にしていたので煮詰める事が出来なかったのが原因だと思います。

洗い流して調理し直しましたが、キッチンにはコーラの甘い香りが漂っていて体調が悪くなりながら料理しました。

換気扇をつけても気持ち悪くなりますね。

たとえば塩と砂糖を間違えたり、醤油とポン酢を間違えるというミスならまだ分かるのですが、コーラを使った料理で失敗すると大変なので気を付けてほしいところですね。